髪にダメージが出るのは男も女も同じ。

中学卒業30年を記念してクラス会が行われることになった。
同い年の妻、「クラス会に参加するの?」
私、「僕は参加しない」
娘、「ママはクラス会に参加するの?」
妻、「私は参加するわよ、まだ若く見られるから」
私と妻は元ヤン、中学生の時の私はパーマをかけ脱色もしたため、そのダメージで現在は髪がメッチャ薄くなった。
妻も髪にダメージを与えたのだが、なぜか、髪が残っている、なぜだろう?
クラス会の当日。
同い年の妻、「本当にクラス会に参加しないの?」
私、「うん、参加しない」
頑なまでにクラス会に参加しなかったのは、クラス会の会場近くに昔の知り合いがいたから。
その知り合いを、ヤンチャだった時の私はからかった記憶がある、からかわれた奴がどうしてクラス会に参加するのだろう?
妻、「髪が残っているからよ」
確かにそうだ。
昔、からかった奴は真面目な生徒だったため、私のように髪にダメージを与えておらず、中年になっても髪がフサフサしている、羨ましい。
クラス会には、結局、妻だけが参加した。
数日後、クラス会で撮った集合写真が送られて来た。
娘、「私にも見せて」
妻も映っている集合写真を見て娘は、「このオバサン、昔、ヤンチャだったでしょ?」
妻、「どうして分かるの?」
娘、「ママと同じで髪が薄いじゃない」
娘、「このオバサン、昔、真面目だったでしょ?」
私、「どうして分かるの?」
娘、「髪がフサフサじゃない」
若い時、髪にダメージを与えると、歳を取ってから後遺症が現れるのは男も女も同じ。
後にダメージが出ることを知った娘は、髪を大事にしている。
おすすめ→イクモアプレミアムサプリメント