野口英世の私生活は借金だらけのクズ生活だった

タイには民間人が迷彩柄の服を着ることを禁じる法律がある。
タイには軍服法という法律があって民間人は迷彩柄の服を着ることを禁じています。
これは観光目的の外国人にも適用されます。
タイでは軍人が非常に尊敬されているのですが軍人に成りすました民間人が悪事を働くという事件が起きたのでそのような法律ができたそうです。
また、サラフェプラス 頭皮という顔汗専用の制汗剤は口コミだけでかなり売れていて、野口英世は借金を千円札で。
おなじみの野口英世福島生まれでアフリカに渡り風土病の黄熱病を たくさんの命を救った人物です。
この野口英世実は借金王だったのだとか借金をの始まりは二十歳の時上京して東京に出てくる西小学校の恩師である小林先生から10円現在の価値で20万円を受け取ります。
当時の先生の給料が月12円他の人からもお餞別で40円現在の価値で約80万円を借りました。
しかしなんと2ヶ月でその全てを使い切ってしまいます。
使い道は酒女ギャンブルと借金のフルコースとも言える使い道でした。
お金がなくなったら友人に無心をして恩師や友人たちを巧妙に説得して再三にわたり多額の借金を重ね借金の天才とまで呼ばれたりしていました。
野口に金を貸すなと研究者仲間で度々買わされていたそうです。