福袋が仮に中身が見えた状態で仮に売っていたら

福袋というのは中身が見えない状態で買うことになります。
じゃあ、その福袋が仮に中身が見えた状態で仮に売っていたらあなたは買いましたか?というと、多くの人は買わないのです。
1万5千円相当のものが1万円として売られていたとしても、本当に欲しいものだったら買うのですが、中身がそこまで欲しくないものだったら買いませんよね?
全く欲しくないものが大幅値下げをして売られていたとしても買わないのと一緒です。
そして、福袋は中身が見えませんから、その中に自分が本当に欲しいものが入っているケースなんてほとんどないのです。
ということは、1万円を出して1万5千円相当の品を買ったとしても、それが中身が見えた状態だったら買わなかったという人は、5千円の得ではなく、1万円の損をしているわけなのです。