乾燥肌がひどい悩みと皮膚むしり病によるニキビ跡の悪化。乾燥ケアを重点的に見直すこと

年齢を重ねてきて肌のたるみが目立つようになってきました。主には目の下のたるみやほうれい線です。その為年齢よりも上に見られることが多く悩んでいます。日焼けしやすいこともあり、くすみや昔にできたニキビ跡の毛穴の開きも気になります。
新しいスキンケアに変えるときは肌悩みが改善されることの期待感が大きいです。肌質が敏感なこともありカウンターで必ず試してから購入するようにしています。SNSで取り上げられていたり、新商品が発売されて気になる商品は試しにいきます。
水分不足によるオイリー肌なので、その肌悩みに合った美容液を試してみました。1か月程経って脂取り紙を使う頻度が減ってきたなと感じましたので、少し改善されたのではないかと思います。なのでそういった商品はリピートして購入します。
ナチュールC 使い方・効果的のページでは根本的な肌改善の方法が書かれています。
「皮ふむしり病」と言う病気があって、ニキビ跡などをつめ先で削ってしまう病気です。
無意識にやっているので、自分がいつ皮ふを削っているのかわかりません。
そのせいで、いつも顔や首の皮ふがボロボロになっていました。
私が「ちゃんとスキンケアをやろう」と思ったのは、推しができたからでした。
推しはプロのダンサーで、男性ですが、いつもきれいにメイクをしています。
そのメイクはセルフメイクで、私もきちんとメイクのできる肌になろう、と思ったことがきっかけです。
母がヤクルトの基礎化粧品を使っているので、私もヤクルトの基礎化粧品を使うことにしました。
ヤクルトの「ラクトデュウ」シリーズです。
今日はちょっとスキンケアをする気分じゃない、と言う日でも、推しが今日もきちんとスキンケアをしているんだ、と思うとがんばれます。
8カ月ほど続けて、肌がもちもちしてきました。
まだ病気は治りませんが、だいぶよくなってきたような気がします。